KURAGE online | 地元 の情報

KURAGE online | 地元 の情報

「 地元住民 」 の情報 

【8月11日付編集日記】名水

森の中の大きな岩の間から良質な水が湧き出る磐梯町の龍ケ沢湧水は、古くから地元住民の暮らしを潤してきた。猛暑の中でも湧水への山道を登るの

益子駅舎に洋風飲食店 地元旅行会社が新事業 地域活性化も目指す

スペイン風のタパス(小皿料理)や肉料理、パスタが手頃な価格で味わえるほか、テークアウトもできることが乗降客や地元住民に好評だ。

アウトレット建設白紙に落胆の声 島田、地元住民ら

地元住民からは「新型コロナウイルス感染症が拡大している状況ではやむを得ない」「茶畑の景観など、ここならではの良さを生かした活用法を考え

函館・湯の川の旅館「望楼」、地元客ならタクシー送迎

新型コロナウイルス感染拡大で首都圏や海外の観光客が減っており、地元住民の利用を開拓する。 タクシー送迎で地元客を取り込む(北海道函館市).

三浦春馬さんと母の複雑な関係 絶縁を招いた“商売”とは

一家を知る地元住民は、 「彼が20歳になった辺りで、au向けスマホのCMに出演して、急に羽振りが良くなった。春馬くんが地元に帰ってくる時は、

東京 武蔵村山市の病原体扱う施設 移転先など具体的に検討へ

この施設では去年から、エボラ出血熱のウイルスを使った研究が行われていますが、地元住民から反対の声もあるため武蔵村山市は、将来的に施設

地元の食材 掘り起こし新風 胎内・鍬江 渋柿ジャム、メープルシロップ販売

新潟県胎内市鍬江地区で、里山の資源を使った地域活性化に取り組む地域おこし協力隊員の石尾真穂さん(36)と地元住民が、これまで活用され

“カメの恩返し”かつて保護したウミガメが戻ってきた…そして産卵 生まれた赤ちゃんは【高知発】

ウミガメの保護に取り組む地元住民が、11がかりで1時間半かけ、ようやく助け出した。 カメの甲羅には、白いフジツボが。 南国市うみがめ守ろう会・中沢光明さん:

外岡秀俊の「コロナ 21世紀の問い」(15)日米地位協定の死角 在沖米軍に見る感染拡大の実態

従業員以外、地元住民はフェンスの中に立ち入ることができない。だがフェンスの内側にいる々は、自由に出入りができる。日米地位協定でできたそんな死角を

地元の逸品販売に力 甲斐商店営業担当・甲斐枝里子さん

【喜多方】「地元のガイドブックのような存在になれるように、地元住民しか知らない観光情報を紹介したい」と意気込む。 最近力を入れているのが喜多方の商品を

Copyright© KURAGE online | 地元 の情報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.